30代女性が結婚相談所に入る時の心構え

いち早く行動をしたもの勝ち

30代女性がどうしても結婚したいと考え相談所に入るなら、早めに行動を開始したほうがチャンスがあります。女性は残念ながら年齢が重要視されてしまいます。相談所に入っている男性は、子供を希望している人が多く、若い人を選びがちだからです。(実際には、若いからといって確実に子供を産めるわけではありませんが)そのため、相談所に入った場合、34才までならお見合いできる回数はそれなりにあります。但し、35才以上だと男性側の条件から外れてしまい、そもそも最初の出会いのチャンスが減ってしまうのです。お見合いができないということは、デートする機会も減り、男性と交流がないまま時間だけが過ぎてしまいます。30代前半はあっという間に過ぎてしまいます。今が一番若いと思って、いち早く行動をするに限ります。

とにかく会うことが大切

相談所に入ったからには、もちろん、年収・学歴・身長・婚姻歴等の相手への希望条件を設定します。確かにある程度の条件設定は必要ですが、それにこだわり過ぎないことも大事になってきます。希望条件にほんの少し合わない人でも、実際に対面で話してみると、ものすごく空気感が合う人がいるかもしれません。逆に、条件がぴったりで、期待して会ったのに、何か違うと感じる人もいるはずです。最初の条件やメールのやり取りだけで判断するのではなく実際に会って話す、これを繰り返すうちに、自分と合う人、合わない人が自然に振り分けできるはずです。そのためには、かなり結婚に対して真剣に向き合っていないと、相談所に入るのはお金の無駄になってしまうかもしれません。仕事や趣味に打ち込んでいると、相談所での活動の時間が取れないと思います。自分の中での結婚の価値観をよく考えてから、結婚相談所に入ることをお勧めします。

© Copyright Love Begins. All Rights Reserved.